CA19-9検査

CA19-9検査

腫瘍マーカーCA19-9とは

CA19-9は、正常組織中の唾液腺、胆管、気管支腺などに存在しており、消化器癌、特に膵・胆のう・胆管癌において高い陽性率を示します。(膵がんの80~90%、胆管、胆嚢癌の60~70%で陽性になります。)

そのため、癌の診断補助、治療経過及び再発のモニターとして有効と言われています。

しかし、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、その他の消化器癌(胃癌・大腸癌)、肺癌、乳癌などでも陽性を示すことがあり、値が高くなるほど悪性疾患の可能性が高くなります。内科と婦人科受診が必要となります。

また、がん以外にも良性の肝臓、胆嚢、膵臓疾患や良性の婦人科疾患で子宮内膜症、卵巣嚢腫などで高い値になることがあり、胆石、慢性膵炎、慢性肝炎などの良性疾患でも陽性を示すことがあります。

なお、日本人の4~10%の人はこの糖鎖を体内で合成できないため、CA19-9が限りなく低値になります。

CA19-9が主に反応する病気

すい臓がん、胆のうがん・胆管がん、子宮内膜症、卵巣嚢腫など

CA19-9の基準値

37.0U / ml 以下

CA19-9検査ができる検査キット

女性用がん総合検査リスクチェック
女性用がん総合検査リスクチェック
【検査項目】
CA125、CA19-9、CEA

CA19-9と併せて女性がんに反応するCA125や消化器系のがんに反応するCEAの検査ができます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック