PSA検査

PSA検査

腫瘍マーカーPSAとは

PSAは、前立腺上皮および尿道周囲腺で産生される糖タンパクで、 前立腺特異抗原と言われています。PSA検査はこの前立腺特異抗原を検査します。

名前から推測できるように、PSAは前立腺に特異的で前立腺がんになると血中に増加してきます。

PSA検査とは、前立腺がんを発見するための検査で、PSA値が高いほど前立腺がんが疑われます。 前立腺の病気になると血液中に流出し、PSAが増加するため、前立腺がんの可能性を調べるとともに、 早期発見のための指標として用いられています。

また、PSAはその他、良性疾患ではありますが、前立腺肥大症や、前立腺炎などでも値が高くなることが知られています。

なお、近年、わが国における前立腺がん患者の増加率は著しく、増加率は全悪性腫瘍の中で1位になると予想されています。

PSAが主に反応する病気

前立腺がん

基準値

4.0ng / ml 未満

PSA検査ができる検査キット

男性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
【検査項目】
PSA、AFP、CEA

PSAと併せて消化器系のがんや、肝臓がんの検査などができます。

胃がん+男性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
【検査項目】
CEA、PSA、ペプシノゲン

PSAと併せて消化器系のがんや、胃がんのリスクチェックができます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック