CEA検査

CEA検査

腫瘍マーカーCEAとは

CEAは、代表的な腫瘍マーカーで現在もっとも多く測定されています。

CEAは、主に消化器系の臓器ががん化すると増加するタンパクです。 一般的に病院では消化器系のがんの補助診断のために使われており、他にも治療経過及び再発のモニターとして検査されています。

CEAは、消化器系のがん、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられますが、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、その他の消化器がん(食道がん など)、肺がん、乳がんなどでも陽性を示すことがあります。

がんの進行するほどCEAは高値となりますが、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることがあります。 また、喫煙の影響で高くなることも知られています。

CEAが主に反応する病気

消化器系のがん(食道がん、胃がん、大腸がんなど)、肺がん、乳がん、肝臓がんなど・・・

CEAの基準値

5.0ng / ml 以下

CA125検査ができる検査キット

がんリスクチェッカー
がんリスクチェッカー
【検査項目】
p53抗体、CEA

CEAと併せて、p53抗体を検査することで早期がんの発見に役立ちます。

女性用がん総合検査リスクチェック
女性用がん総合検査リスクチェック
【検査項目】
CEA、CA125、CA19-9

CEAと併せて、女性特有の子宮体がんや卵巣がん、すい臓がんの検査ができます。

男性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
【検査項目】
PSA、AFP、CEA

AFPと併せて前立腺がんや、消化器系のがん検査などができます。

胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
【検査項目】
CEA、CA125、ペプシノゲン

CEAと併せて女性がん子宮体がん、卵巣がん)や胃がんの検査ができます。

胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
【検査項目】
CEA、PSA、ペプシノゲン

CEAと併せて前立腺がんや胃がんのリスクをチェックできます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック