AFP検査

AFP検査

腫瘍マーカーAFPとは

AFPは胎児期に産生されるタンパク質で、成人では微量しか存在しませんが、この蛋白が癌化すると増加し、血中に分泌されます。

AFPは、比較的肝臓に特異的なマーカーで、特に肝細胞癌で陽性となり、値が高くなるとほどがんの可能性が強くなります。
また、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などの良性疾患で高い値になることがあり、その他、乳児性の肝炎、肝芽腫ではかなりの確率で陽性となります。

AFPが主に反応する病気

肝臓がん、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変

AFPの基準値

10.0ng / ml 以下

AFP検査ができる検査キット

男性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
【検査項目】
PSA、AFP、CEA
AFPと併せて前立腺がんや、消化器系のがん検査などができます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック