糖尿病の治療って何をするの?入院しなきゃいけないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病は、悪化するととても怖い合併症を引き起こす危険性があります。

そのため、できる限り早い段階でしっかり治療に励むことが大事だと言えるでしょう。

しかし、実際に糖尿病だと診断されても、そのあとどんな治療をするのか、入院しなければいけないのか、あまりよく分かっていないという方も多いはずです。

そこで今回は、糖尿病の治療や入院の必要性についてご紹介していきます。

 

糖尿病の治療って具体的に何をするの?

糖尿病の治療は、血糖コントロールを目的としています。

食事のバランスや適度な運動によって、血糖値を正常な数値で維持し、元の状態に戻していくという流れです。

また、治療方法は3つあり、それぞれを組み合わせていきます。

 

目的:血糖コントロール(最適な数値で維持する)

理由:合併症を引き起こさないため、あるいは合併症を悪化させないため

方法:食事・運動・薬

 

食事療法

「糖尿病の食事療法って、簡素なものばかり食べなきゃいけないの?」と思っている方もいるかもしれませんが、決して苦しいものではありません。

正しい栄養バランスを意識した食事を、最適な分量でいただきます。

ただし腹八分目ぐらいの分量なので、物足りなさを感じてしまう可能性はあるでしょう。

また、糖尿病だからといって食べてはいけないものはありません。

あまりストレスを感じることなく治療に励めると思います。

運動療法

運動には血糖値を下げる効果があるので、運動療法は糖尿病治療の基本として活用されています。

主な内容は、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動と筋力トレーニングです。

「有酸素運動」 → 筋肉へ血流が流れ込むため、ブドウ糖が細胞に取り込まれる。

「筋力トレーニング」 → インスリンの効果が高まり、血糖値が下がりやすくなる。

薬物療法

薬物療法は、飲み薬と注射の2種類です。

飲み薬の種類は、

  • インスリンの分泌を促す
  • インスリンの効能を高める
  • 糖の分解や吸収を遅らせる
  • 糖の排泄を促す

などいろいろです。

注射には、

  • インスリンの分泌を促す
  • インスリン自体を補う

などの種類があります。

 

糖尿病の治療って必ず入院しないといけないの?

糖尿病になったからといって、必ず入院する必要はありません。

軽度の症状であれば、通院しながら薬で治療していきます。

一般的には、2週間に1回、もしくは1ヶ月に1回の頻度で通院している人が多いです。

もちろん、通院頻度が多い方が血糖値をコントロールしやすくなるので、より完治しやすいと言えます。

 

入院が必要になるのは、

  • 自宅ではできない治療が必要な人
  • 入院が条件に含まれている検査を受ける人
  • 糖尿病の教育が必要な方

の3通りの場合です。

 

自宅ではできない治療が必要な人 → 治療入院

食事療法や運動療法、薬物療法は自宅でも行うことはできます。

しかし、すべて自己管理になってしまうので、中には思うように回復しない方もいるようです。

そんな人に対して、治療入院をおすすめしています。

入院すれば医師や看護師の監視下でしっかり治療に励むことができるほか、自分で血糖値のコントロールができるようにアドバイスを受けることもできます。

入院が条件に含まれている検査を受ける人 → 検査入院

簡単に言うと、こちらは検査入院です。

血糖値、尿糖、蛋白尿、眼底検査、腹部エコーなどで細かく調べ、今後の治療方針を決める判断材料にしていきます。

入院期間は3〜4日程度なので、それほど長くは感じません。

糖尿病の教育が必要な方 → 教育入院

自宅での治療はすべて自己管理になってしまうため、自分でコントロールできない人は教育入院になる場合があります。

食事や運動についての知識はもちろん、糖尿病が悪化することにより生じる合併症の話なども聞くことになります。

糖尿病は症状が乏しいことから、あまり実感がわかず治療に打ち込めない人もいるので、こうした教育入院が役立っていると言えるでしょう。

 

【まとめ】糖尿病の治療は、プロに教わりましょう。

軽度な症状の糖尿病になった場合、入院が必要なくなる可能性があります。

やはり誰だって入院はしたくないですよね?

だから、ついつい自宅療養を選んでしまいますが、しっかり治したいのであれば一度教育入院という形でプロに食事や運動を指導してもらうのが良いでしょう。

そのあと自宅療養になった場合は、とにかく自己管理が大切です。

気を緩めずに完治を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病を自宅で検査できるキットがあるのをご存知ですか?

糖尿病や肝臓、脂質など健康診断でチェックできる項目が自宅にいながら自分で簡単に検査ができます。

忙しくてなかなか検診にいけない方、自営業や専業主婦の方で毎年の健診がない方におすすめの検査キットです。


生活習慣病+糖尿病セルフチェックの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック