糖尿病の症状と合併症の危険性について解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病という病気を耳にする機会は多いと思いますが、みなさんはどれほどの知識を持っているでしょうか?

おそらく「糖分の取りすぎが原因」などのイメージしか持っていないと思います。

しかし、さまざまな症状がつきまとうほか、合併症を引き起こす危険性まで兼ね備えている厄介な病気であるため、それほど油断はできません。

では、糖尿病の症状や合併症とは一体どのようなものなのか?

今回はその点についてご紹介していきます。

 

糖尿病ってどんな病気?

糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなる病気のこと。

なぜ血糖値が高くなるのかというと、何らかの原因でインスリンの分泌量が下がっているからです。

インスリンは血糖値を下げるためのホルモンであり、食後の血糖値を調整してくれる役割を持っているので、これが足りなくなると慢性的な高血糖になります。

 

糖尿病には2種類ある

糖尿病には「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2種類が存在します。

1型糖尿病は、膵臓で作られているインスリンの量が、大幅に少なくなることで起きる糖尿病。

2型糖尿病は、食生活や運動不足などが影響する糖尿病。

ちなみに日本人の糖尿病患者の約95%が2型に該当します。

 

糖尿病の症状ってどんなものがあるの?

糖尿病は初期段階では自覚がないと言われていますが、ある程度進行すると下記のような症状が現れはじめるので注意してください。

  • 頻尿や多尿
  • 喉が異常に乾く
  • 空腹感
  • 急激な体重の減少
  • 倦怠感

頻尿や多尿

糖尿病になると、ブドウ糖が正常に運ばれなくなり、血液中に溜まりやすくなります。

すると血液中にあふれたブドウ糖を排出するために、尿の回数が増えてしまうのです。

喉が異常に乾く

頻尿や多尿が原因となり体の水分が失われるので、喉の渇きを感じるようになります。

空腹感

頻尿や多尿によって、体内の糖分が排出されるので空腹感を感じることがあります。

急激な体重の減少

糖尿病によって高血糖の状態が続くと、インスリンの働きが弱くなったり、分泌量が少なくなったりします。

これにより、インスリンはブドウ糖と結合しずらくなります。

すると、これまでエネルギー源となってくれていたブドウ糖の代わりに脂肪や筋肉を消費するようになるため、急激に体重が落ちてしまうのです。

倦怠感

他の病気でも起こりうるので区別がつきにくいので注意が必要ですが、上記であげたような症状を伴っている場合は糖尿病だと判断しやすいでしょう。

 

糖尿病の3大合併症による症状

さきほど述べた糖尿病の症状とは別に、合併症による症状もあるので一緒に覚えておきましょう。

糖尿病には、「3代合併症」と呼ばれる病気が存在します。

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症

これらは高血糖状態が続くことで発症すると言われており、放置しておくと非常に危険な状態へと発展してしまいます。

糖尿病性網膜症

糖の異常な新陳代謝により網膜に影響を与える病気です。

「ピントが合わない」「本の文字が読めない」などの症状が現れ、悪化すると失明につながります。

糖尿病性神経障害

手足の血行が悪くなり、神経障害が起きる病気です。

最初は痺れ程度の症状ですが、悪化すると壊疽(えそ)を起こすため、切断しなければいけなくなる可能性もあります。

糖尿病性腎症

腎臓のフィルターがつまりやすくなり、血液のろ過が正常に行われなくなる病気です。

悪化すると人工透析を受けなければいけなくなる恐れもあります。

 

糖尿病の症状が現れる前に!日頃の生活習慣を見直そう

冒頭で日本人の糖尿病患者の約95%が「2型糖尿病」であると伝えました。

つまり、日頃の生活習慣を見直せば、糖尿病になるリスクを大幅に減らせるということです。

ではどのような点に気をつければいいのかをご紹介します。

  • 食事の量が多い
  • 肥満
  • お酒の飲み過ぎ
  • 運動不足
  • ストレス

どの項目も他の病気に当てはまりそうなほど一般的です。

食事の量が多い

食事を摂れば血糖値が上がるのは当たり前の話ですが、食べ過ぎると血糖値が異常に上がり、糖尿病の原因になることをご存知でしょうか?

上がりすぎた血糖値は、正常に戻りにくくなります。

たまに食べ過ぎることはありますが、それが日常的に続くと糖尿病を引き起こしやすくなるので注意してください。

肥満

食べ過ぎによって肥満体になると、インスリンの働きが弱まります。

お酒やジュースの飲み過ぎ

ビールやチューハイ、ジュースだけでなく、日本酒や焼酎にも糖分はたくさん含まれています。

飲み過ぎには注意しましょう。

運動不足

肥満への影響となるのが運動不足なので、こちらも糖尿病の原因として覚えておくと良いでしょう。

ストレス

意外かもしれませんが、ストレスによってインスリンの感受性が低くなると言われています。

 

【まとめ】糖尿病の症状が悪化する前に生活習慣の見直しを

初期症状がほとんど見られない糖尿病ですが、放置しておくと厄介な合併症を引き起こす可能性があります。

そのため、糖尿病の症状が現れる前に生活習慣をしっかり見直していくことをおすすめします。

まずは「食事の量を少し減らしてみる」「ウォーキングやランニングを取り入れてみる」「休肝日を作ってみる」など、無理せずにできることからはじめてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糖尿病を自宅で自分で検査できるキットがあります。

自宅にいながら自分で糖尿病の検査ができる「生活習慣病+糖尿病セルフチェック」

糖尿病だけでなく、健康診断で検査をする生化学12項目も併せて検査できます。

忙しくてなかなか検診にいけない方や、自営業や専業主婦の方で毎年の健診を受けられない方におすすめです!


生活習慣病+糖尿病セルフチェックのご購入はこちらから

SNSでもご購読できます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック