• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

ペプシノーゲン検査について

ペプシノーゲン検査

ペプシノーゲン検査とは

※ペプシノーゲン検査は、腫瘍マーカーではありません。

胃粘膜の萎縮(萎縮性病変)が進むと胃癌になりやすいことが知られています。 このペプシノーゲン検査法は血液中のペプシノーゲンの量を測り、胃の粘膜の萎縮の程度を検査します。

ペプシノーゲンにはペプシノーゲンⅠ(PGⅠ)とペプシノーゲンⅡ(PGⅡ)の2種類あり、胃の萎縮状態が進むにつれて血液中のペプシノーゲン量は低下していきます。胃の萎縮度は、PGⅠの測定結果とPGⅠ/PGⅡの比率の組合せで判定します。

PGⅠの測定結果が単独で低い場合より、PGⅠも低くかつPGⅠ/PGⅡの比も低いという場合のほうが、萎縮度が進んでいる(強度の陽性)といえます。 PGⅡはPGⅠとの比率を出すために測定します。

ペプシノーゲンが関連する病気

胃がん

基準値

PGⅠ値70.0ng/ml以下、かつPGⅠ/Ⅱ比3.0以下

検査の流れ

検査の流れ

ペプシノーゲンの検査ができるキットはこちら