• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

腫瘍マーカー【CEA】について

腫瘍マーカーCEA検査

腫瘍マーカーCEAとは

CEAは、代表的な腫瘍マーカーで現在もっとも多く測定されています。

CEAは、主に消化器系の臓器ががん化すると増加するタンパクです。 一般的に病院では消化器系のがんの補助診断のために使われており、他にも治療経過及び再発のモニターとして検査されています。

CEAは、消化器系のがん、特に大腸がんや胃がん、すい臓がんなどの指標として用いられますが、このマーカーは、ある臓器に特異的に陽性になるわけではなく、その他の消化器がん(食道がん など)、肺がん、乳がん、肝臓がんなどでも陽性を示すことがあります。

がんの進行するほどCEAは高値となりますが、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることがあります。 また、喫煙の影響で高くなることも知られています。

CEAが主に反応する病気

消化器系のがん(食道がん胃がん大腸がんなど)、肺がん乳がん肝臓がんなど・・・

CEAの基準値

5.0ng / ml 以下

検査の流れ

検査の流れ

CEAの検査ができるキットはこちら