• お知らせ
  • 平日16時までのご注文で即日配送!送料無料!代引き手数料も無料!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査 けんこう専科

腫瘍マーカー【AFP】について

腫瘍マーカーAFP検査

腫瘍マーカーAFPとは

AFPは胎児期に産生されるタンパク質で、成人では微量しか存在しませんが、この蛋白が癌化すると増加し、血中に分泌されます。

AFPは、比較的肝臓に特異的なマーカーで、特に肝細胞癌で陽性となり、値が高くなるとほどがんの可能性が強くなります。
また、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などの良性疾患で高い値になることがあり、その他、乳児性の肝炎、肝芽腫ではかなりの確率で陽性となります。

AFPが主に反応する病気

肝臓がん、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変

AFPの基準値

10.0ng / ml 以下

検査の流れ

検査の流れ

AFPの検査ができるキットはこちら

Copyright (c) since2013 irimajiri create co.ltd All Rights Reserved.