食道がんの初期症状を段階ごとに解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食べ物を食べたり、飲み物を飲んでいたりすると、「なんだか喉がつっかえるなぁ」という感覚はありませんか?

もし思い当たる節があるのなら、一度、食道がんを疑った方が良いかもしれません。

もちろん、喉にできた腫瘍が良性の場合もありますが、念のため検査を受けることをおすすめします。

そのためにも、まずは食道がんの初期症状について理解しておくことが大切です。

そして、少しでも当てはまるものがあれば、そのまま放置せずに必ず病院へ行くようにしましょう。

 

食道がんの初期症状は、段階ごとに変化する

食道がんは、がんの進行具合によって、症状が変化していきます。

では、どのように変化していくのかを順番に見ていきましょう。

初期段階

  • ほとんど症状はない

食道がんの初期の頃は、ほとんど症状が現れません。

そのため、この段階で発覚するパターンは少ないでしょう。

ただし、内視鏡検査などで見つかる可能性も十分に考えられるので、定期的な検査や健康診断が大切だと言えます。

中期段階

  • 食べ物がつっかえるような感覚
  • ヒリヒリ感やチクチク感
  • 胸焼けやゲップ
  • 逆流性食道炎の症状

少しがんが進行すると、食べ物が喉を通るときに違和感を感じることがあります。

例えば、「熱いものを食べたときにヒリヒリとした感覚が残る」や「喉がチクチクする」などといった症状が起きた場合は、何らかの腫瘍ができている可能性があるので、一度、病院で検査してもらいましょう。

そのほか、胸焼けやゲップのように日常的に起こりうる症状や逆流性食道炎のように痛みを伴う症状もあります。

末期段階

  • がんが気管や肺にまで及ぶと → 咳や血痰
  • がんが発声に関わる神経に及ぶと → 声のかすれ
  • がんが食道をはみ出して周りの臓器にまで及ぶと → 胸部~背部にかけての痛み
  • 水分や唾液が飲み込みづらい症状が続くと → 食欲不振・体重の減少

食道がんが他の部位に転移する末期段階では、あらゆる症状が起きはじめます。

中期段階では、喉の違和感程度で済みますが、この末期段階に入ると咳や血痰、発声のし辛さ、食欲不振や痛みなどの症状に苦しめられるでしょう。

食道がんは進行が早いと言われているため、他の部位にどんどん転移しはじめます。

そうならないためにも、末期段階になる前に発見しておきたいところです。

 

食道がんの初期症状が現れる前に!がんの種類と危険因子を把握しておこう

食道がんの末期症状が現れる前に発見した方がいいと、先ほど述べましたが、できることなら初期症状が出る前にいろいろと対策を打ちたいですよね。

しかし、対策を打つためにはがんについての知識を身につけておく必要があります。

実は食道がんには、大きく分けると2種類の病名が存在します。

扁平上皮がん

一つ目は、「扁平上皮がん」。

食道の内側にある粘膜に腫瘍ができる病気で、日本人の食道がんの90%以上がこれに当てはまります。

主な原因は、お酒とタバコ。

特にアルコール度数の強いお酒は、食道が炎症を起こしやすいため注意が必要です。

腺がん

日本人には、少ないと言われている腺がんは、どちらかというと欧米人によく見られる病気です。

こちらは肥満や逆流性食道炎と関連性が深いと言われています。

胃酸の逆流が慢性的に起きていると、食道の粘膜が胃の粘膜に近い状態へと変化していくのです。

この状態を「パレット食道」と呼び、腺がんへ発展するケースの一つとして報告されています。

 

食道がんの初期症状に思い当たる節がある方は…

食道がんの初期症状についてご紹介してきましたが、中には思い当たる節のある方もいたのではないでしょうか?

もし、少しでも怪しいと思ったら、一度、病院で検査を受けましょう。

検査の方法は、下記の通りです。

  • X線検査
  • 内視鏡検査
  • CT検査
  • MRI検査
  • 超音波検査
  • 腫瘍マーカー検査
  • PetCT検査

一般的には、まずX線検査や内視鏡検査が行われますが、他の部位への転移などを調べる際には、CTやMRI検査、超音波検査なども行います。

 

【まとめ】「これって食道がんの初期症状?」怪しいと思ったら一度検査を受けましょう。

食道がんの初期症状は、喉や胃腸周辺の違和感からはじまります。

食事の最中や食後に違和感を感じるようであれば、一度検査を受けるようにしましょう。

進行が早いがんなので、放っておくと他の部位に転移する恐れがあります。

できるだけ早期発見を目指すためにも、小さな異変を見逃さないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食道がんを自宅でチェックできる検査キット「がんリスクチェッカー」

食道がんや胃がん、大腸がんなど消化器系のがんや肺がん、乳がんなど幅広いがんの検査ができます。

またp53抗体という検査項目により早期のがん発見にも役立ちます。


がんリスクチェッカーのご購入はこちらから

SNSでもご購読できます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック