• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

腎機能の検査

検査の目的

腎臓から尿に排泄されるべき老廃物の量を調べて、腎臓の働き具合を調べます。

尿素窒素【BUN】

尿素窒素は血清の尿素に含まれる窒素分です。

尿素たんぱく質の燃え尽きた物質 として血液中には含まれており、肝臓でアンモニアからつくられ、腎臓を通過する時に一部 は血液中に戻り、残りが尿中に排出されます。尿素窒素の検査から腎臓の働きを知り、たんぱく質 の代謝の状態を知ることができます。

高い場合、腎臓の病気、脱水、消化管出血、薬の服用、たんぱく質の過剰摂取などが考えられます。 低い場合、たんぱく質不足、妊娠中などがあります。

基準値範囲 : 8.0~22.0mg/dl

クレアチニン【CRE】

クレアチニンは筋肉中のクレアチンという物質からつくられ、ほとんど再吸収されることなく腎臓から尿中に排出されるので、腎機能の状態を判断しやすく、腎機能の指標としてよく用いられます。

クレアチニンがつくられる量は筋肉量により決まるので、筋肉量の多い人は高め、筋肉量の少ない人は低めになります。

高い場合は、腎機能の低下、心臓の病気、筋肉の病気、脱水、薬の服用などが考えられます。 低い場合は、栄養状態の悪い場合が考えられます。

基準値範囲 : 【男性】0.6~1.1mg/dl 【女性】0.4~0.8mg/dl

腎機能の検査ができるキットはこちら