• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

脂質の検査

検査の目的

肝臓細胞の破壊などにより流れでてくる酵素の量や、肝臓で分解合成されて出てくる酵素の量を調べます。

総コレステロール【TC】

血漿中に含まれる脂質成分です。

血液の脂質は、血流に乗って全身をめぐり、必要に応じて 各組織や細胞で利用されます。

総コレステロール値の高い場合、過食、運動不足、肥満、閉経後、家庭性や遺伝など、 また甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群などが疑われます。

◆基準値範囲 : 140~219mg/dl

中性脂肪【TG】

中性脂肪はエネルギー源として重要ですが、過剰に摂取すると体内に蓄えられ悪影響 を及ぼします。

中性脂肪は主に肝臓でつくられる内因性のものと、食べ物に由来する外因性 のものがります。家族性、遺伝、生活習慣により影響を受けます。

高くなる場合は、動脈硬化を促進する危険因子やすい臓炎の原因となります。

◆基準値範囲 : 30~149mg/dl

HDLコレステロール【HDL-C】

HDLコレステロールは動脈硬化を予防する働きがあります。生活習慣による影響を受けやすい 性質があります。

高めであれば長寿といわれています。低下している場合は、動脈硬化を促進させる可能性があり、 高カロリー食、運動不足、肥満、喫煙、遺伝などに影響されます。

◆基準値範囲 : 40~99mg/dl

LDLコレステロール【LDL-C】

LDLコレステロールはコレステロールを細胞に届ける役割ががあります。食生活などの生活習慣に影響されやすいといわれています。

細胞に必要以上にコレステロールさが増えてしまうと、血管を硬化させて動脈硬化を促進させ、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険性が高まります。 そのためLDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

◆基準値範囲 : ~139mg/dl

総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールの検査ができるキットはこちら

LDLコレステロールの検査ができるキットはこちら