• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

痛風(尿酸)の検査

検査の目的

腎臓から尿に排泄されるべき老廃物の量を調べて、腎臓の働きと痛風になりやすいかどうかを調べます。

尿酸【UA】

尿酸はプリン体という物質の代謝によって生じる燃えカスのようなものです。 その多くは尿と共に体外に排出されますが、うまく排出されず血液中に多く含まれてしまうことがあります。

これによって尿酸値が高くなると、痛風の発作や腎機能の低下の原因になります。 高い場合は、腎臓で排出できない尿酸が多く作られてしまう、血液の病気、プリン体を 多く含む食事の摂り過ぎ、過食、飲みすぎ、激しい運動などが考えられます。 低い場合は、特に病的な意味はないとされています

基準値範囲 : 2.5~7.0mg/dl

痛風(尿酸)の検査ができるキットはこちら