• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

子宮体がんってどんな病気?

子宮体がんとは子宮がんのひとつで、子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある子宮内膜から発生するがんです。罹患率は40代後半から増加し、50~60代でピークを迎えますが、近年、年齢に関係なく増加傾向にあります。

子宮体がんは進行速度が遅く、比較的治癒率も高いがんですので、早期発見・早期治療を出来るよう、定期的な検診をおすすめいたします。

子宮体がんの症状

子宮体がんは比較的初期のうちから不正出血がみられます。

「月経ではないが出血が続く」「月経の上がりが悪い」「閉経後に出血がある」などの症状がある場合は子宮体がんを疑う必要があります。

また、排尿時の痛みや排尿困難、性交時の痛み、骨盤領域の痛みなどがの症状が見られる場合があります。

子宮体がんの原因

子宮体がんは卵巣から分泌されるエストロゲンの影響が強く、閉経年齢が遅い、出産歴がない、妊娠回数の減少など、女性のライフスタイルの変化が主な要因として考えられています。

また、遺伝的なものや肥満、糖尿病なども影響していると考えられます。

子宮体がんに反応する腫瘍マーカー

p53抗体CA125CA19-9

上記の腫瘍マーカーが検査できる検査キット

Copyright (c) since2013 irimajiri create co.ltd All Rights Reserved.