• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査

卵巣がんってどんな病気?

卵巣がんは「サイレントキラー」とも呼ばれることがあり、自覚症状が全くないまま進行していることが多いがんです。

また、卵巣がんの発生率は現在のところ欧米の約3分の1程度といわれておりますが、現在増加傾向にあります。

40~50代の女性に発症するケースが多いですが、幼児から高齢者までのあらゆる年齢で発症します。

卵巣がんの症状

卵巣がんも他のがんと同様、初期には症状がみられません。

初期を過ぎると、下記の症状が見られることがあります。

ただし、上記症状が出始めたころには、すでに進行してしまっていることがほとんどですので、症状が表れていなくても、定期的な検診を受けることをおすすめいたします。

卵巣がんの原因

他のがんと同様、食生活の欧米化も原因のひとつですが、排卵の回数も卵巣がんの原因と考えられております。

排卵は卵巣の表面が破れ、卵子が飛び出すため卵巣が傷つきます。そして排卵による卵巣の傷が治り、また約一ヵ月後に排卵がおこり卵巣に傷が生じます。この繰り返しが多いほど卵巣癌の発生する頻度が高くなると言われています。

妊娠中は排卵が行われず、卵巣が傷つくこともありませんが、近年、妊娠・出産の数が減少している日本では、自然と排卵の回数が多くなっていることが卵巣がんの増加理由として考えられます。

卵巣がんに反応する腫瘍マーカー

CA125

上記の腫瘍マーカーが検査できる検査キット

Copyright (c) since2013 irimajiri create co.ltd All Rights Reserved.