• お知らせ
  • 今なら送料無料!その他決済手数料無料!
    平日16時までのご注文で即日発送!

お得なセット商品 ご利用者様のお声 がん検査 生活習慣病検査
日本で2番目に多い大腸がん。しかし、早期発見、早期治療で8割方は完治できます

大腸がんってどんな病気?

大腸がんは、食生活の欧米化により近年、増加傾向にあります。大腸がんには大きく分けて直腸がんと結腸がんがありますが、頻度や原因に大きな違いはありません。

また、それぞれの年間死亡数は結腸がんは男性15,469人、女性15,581人の合計31,050人、直腸がんは男性9,393人、女性5,301人の合計14,694人となっており、大腸がんでの年間死亡者数は45,744人となっております。
(平成23年厚生労働省人口動態統計より)

大腸がんの症状

大腸がんは初期のころには症状がみられないケースがほとんどです。

初期を過ぎると、下記の症状が見られることがあります。

大腸がんの原因

遺伝性のものや、飲酒、肥満などが主な原因としてあげられます。

また、大腸がんの死亡率や罹患率は、肉類、卵、乳製品などの動物性脂肪が多く含まれる食べ物や炭水化物、砂糖などの摂取が多い人が高く、逆に、穀類や豆類などの植物性繊維の多い食事を摂っている人が低いという研究結果もあります。

大腸がんに反応する腫瘍マーカー

CEAp53抗体CA19-9

上記の腫瘍マーカーが検査できる検査キット

Copyright (c) since2013 irimajiri create co.ltd All Rights Reserved.