糖尿病のホントの怖さは合併症?三大合併症の危険性を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは糖尿病に対してどのようなイメージをお持ちですか?

もし「それほど危険ではない」などと考えているのであれば、すこし意識を変える必要があるかもしれません。

糖尿病には、さまざまな合併症を引き起こす可能性が潜んでいます。

今回は糖尿病が引き起こす合併症について紹介していきます。

死に至るケースもある危険な病気なので絶対に覚えておきましょう。

 

糖尿病の合併症には主にどんな種類があるの?

  1. 糖尿病性神経障害
  2. 糖尿病性網膜症
  3. 糖尿病性腎症

糖尿病の合併症のうち、一般的なのは上記の3つです。

これらは3大合併症と呼ばれており、放っておくと取り返しのつかない自体へと発展するケースもあります。

それでは順番に解説していきます。

 

合併症1:糖尿病性神経障害とは

糖尿病性神経障害とは、糖尿病によって神経に異常が生じたため、手足のしびれなどを引き起こしてしまう症状のことです。

糖尿病によって高血糖状態が続くと、ソルビトールという物質が神経細胞内に蓄積されていきます。

ソルビトールは、ブドウ糖から合成されてできる糖アルコールの一種であり、神経・網膜・肝臓にはとくに蓄積しやすいと言われています。

だからこそ、神経障害や網膜症、腎症を引き起こすのです。

糖尿病性神経障害を引き起こすと、手足のしびれを感じるようになり、それは進行するにつれ激しさを増していきます。

また、高血糖によって手足の血行が悪くなり神経障害が起きるとも言われています。

 

合併症2:糖尿病性網膜症とは

糖尿病性網膜症とは、高血糖状態が続くことによって網膜の血管が損傷を受け、血管のつまりや変形、出血などを引き起こす病気です。

日本では、成人の失明原因の第一位とも言われているこの病気。

糖尿病患者のうち約4割に発症しています。

初期の頃はほとんど自覚症状がありませんが、進行が進んでくると「飛蚊症」や「視力低下」を引き起こす可能性があります。

※飛蚊症とは、目の前で蚊が飛んでいるように見えたり、視界が黒みがかったりする症状のことです。

 

糖尿病性網膜症は、

  1. 単純糖尿病網膜症
  2. 前増殖糖尿病網膜症
  3. 増殖糖尿病網膜症

というふうに進行具合によって病名が変化していきます。

 

単純糖尿病網膜症の段階では、網膜の細い血管にコブができたり、小さな出血が見られたりします。

また、脂質成分が血管から漏れ出ることで網膜にシミを作ることもあります。

前増殖糖尿病網膜症の段階になると、網膜の血管にうまく血液が行き届かなくなり、ところどころ貧血状態になります。

増殖糖尿病網膜症の段階は、かなり進行している状態です。

 

合併症3:糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症とは、尿が出にくくなってしまう病気です。

とはいっても、いきなり出なくなるわけではありません。

症状が進行するにつれて徐々に減っていきます。

糖尿病性腎症には第1期〜第5期まであるのですが、初期の頃はほとんど自覚症状がありません。

尿がうまく出なくなった場合、人工透析で取り除くことが必要になります。

じつは人工透析患者の約4割が、糖尿病性腎症の患者なのです。

 

腎臓は老廃物をろ過し、血液をきれいな状態に戻してくれる機能を持っています。

そんな重要な役割を持った腎臓が高血糖によって弱ってしまうと、老廃物が血液中に残ったまま体を循環することになります。

最悪の場合、心臓や脳に影響が出て昏睡状態に陥ることもあるので注意しましょう。

この病気の原因はあまり解明されていませんが、有力な説として「糸球体」が弱っていることが挙げられます。

糸球体とは腎臓の中にある網目状のろ過装置のようなものです。

水分と老廃物は網目をくぐり体外に排出されますが、タンパク質やミネラルなどの大切な成分は網目にひっかかって再び体内に戻されます。

この糸球体が弱ると上手くろ過できなくなったり、必要な成分まで排出されてしまったりなどの症状が起きます。

 

【まとめ】

今回は糖尿病の三大合併症について紹介しました。

どれも油断できない危険な病気です。

最悪の場合、死に至るケースもあるので油断はできません。

このような事態を招かないためにも、日頃の食生活を見直すことが重要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自宅でできる健康診断!デメカルの「生活習慣病+糖尿病セルフチェック」

生活習慣病の中でも特に糖尿病に焦点をあて、12項目検査(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値など)にHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を追加しました。

これらは健康診断で検査する項目と同じですので、年に一回の件健康診断がない主婦の方や自営業の方に特におすすめです!


糖尿病+生活習慣病セルフチェックの詳細を見る

SNSでもご購読できます。

がんリスクチェッカー
女性用がん総合検査リスクチェック
男性用がん総合検査リスクチェック
胃がん+女性がんリスクチェック
胃がん+男性がんリスクチェック
胃がんリスクチェック
ピロリ菌検査キット
糖尿病+生活習慣病セルフチェック
メタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック
B型C型肝炎セルフチェック